HOMEニュース/ブログ » 2007 » 10月のブログ記事

小さな会社だから心配!?

 

こんにちは、松野です。

 

このところ、いろんな方から紹介をたくさん頂き、

非常に感謝してます。

ありがとうございます。

 

この場を借りてお礼をさせて頂きます。

お陰様で忙しく働かせて頂いています。

 

しかし、私の会社はまだまだ社歴が浅く、

少人数でやっている為、心配だという方もいます。

 

不動産会社は弊社だけではありませんし、

何百人という体制でやっている会社もたくさんあります。

会社の社歴や規模で、判断される場合も、

それもありだと思いますので、

そういった方は、是非そちらに相談される事を勧めます。

 

もともと、不動産業は電話1台とFAXと情報があれば出来る商売であり、

決して大人数いないと出来ない商売ではありません。

 

皆さんも良く見かけると思いますが、

駅前で営んでいる昔ながらの不動産会社の多くは少人数です。

 

私の考えでは、不動産業とは、

「人と物件と人を繋ぐ仕事」と思っていますので、

1人でも2人でも出来る仕事だと思っています。

 

大きな会社のほうが信用できると思っている方は 引き止めませんので、

そうされたほうがいいと思います。

 

ただ、その信用を楯に、

どういう結果になるかはわかりませんが・・・

 

弊社は規模も小さければ、社歴も浅い会社です。

大きな会社とは違って、まだまだ世間一般の信用も薄いです。

 

しかし、そういった世間に言われる信用を得るために

嘘のない、騙しのない、堅実な取引を心底心がけています。

 

ましてや、弊社には『楯』もありませんから・・・・

 

また、私のポリシーとして、

『去るものは追わず』ですので、

追いかけませんので、ご安心下さい。

 

そうでなくても、困っている方が目の前にたくさんいて、

時間が足りないぐらいなので、

信用を得るためだけに、

そんな無駄な時間を費やしたくもないです。

 

「当社は信用がありますよ・・・・」

と、謳う暇があえば、

一人でも多くの相談に乗っていた方がいいですし、

そうやって広告などで、信用を謳う事は経費がかかりますので、

その分、お客様からお金をもらわなければならない訳ですから、

行う行為は同じでも、

それ以上にいろんな費用を請求されるわけです。

 

ちなみに、私は、ネットでよく買い物をしますが、

その多くは、1人か2人でやってらっしゃる会社です。

 

私と同じ環境で、

頑張っている会社という事での応援もありますが、

しっかりとポリシーを持っている方が多いのも事実です。

 

大きな会社にも立派なポリシーがあると思いますが、

働いている皆が、そのポリシーを共有しているとは限りません。

 

偉そうな事を書かせて頂きましたが、

弊社は小さな会社ですが、

これからも、まぶしい光を、発し続けます。

 

今後とも宜しくお願いします。

 


コメント(0)

人に必要とされる生き方

 

先日、

「~いのちの輝きスペシャル~小さな命を救いたい」

というドキュメンタリーを見ました。

 

医者がいない、非常に貧しい国行って

8,000万円もの私財をなげうって、病院を建て

その国の患者の命を救う男性医師。

 

また、発展途上の国行って

医者がいない、病院がない、薬がない

そんな国で、訪問介護医師をし、

今日食べるものもない、

仕事もない、

家もない人々を

助ける為に、

自らを犠牲に命を救う女性医師。

 

そんな日本人医師を、彼らは『必要不可欠な人』と

心からそう思い、助けを求め、よりどころにし、

明日へ命を繋ぐ。

 

また、それに必死に応えようとする医師のドキュメンタリーですが、

私は言葉ならない思いで、それを見ていました。

 

コメンテーターの男性は『自分にも何か出来る事は・・・・』

と、何度も連呼し、涙を流していました。

 

 

この瞬間は誰しも、そんな事を思うのでしょう。

私も、自分にも何か出来る事はないかと考えます。

 

しかし、そんな事は一瞬に消えて、

日々の現実に戻され、

高価なものを身につけ、

贅沢なものを口にし、

有り余った私財で、投資をし、

お金の為に奔走します。

 

決して悪い事ではありませんが、

人は良いも悪いもいろんな事を忘れます。

 

私は、そんな人を責めるつもりもありませんし、

戒めるつもりもありません。

 

ただ私は自分の財布の中のお金で、

一人でも多くの人の命が、繋がればいいと思っています。

 

口で言うのは簡単ですし、

こうやって書くのも簡単な事ですが、

実行する事はなかなか難しいものです。

 

そう思い私は私なりに

半年ほど前から、寄付という実行に移しました。

 

「私が出来る事」それは寄付と決めました。

 

最初はコンビニの透明の寄付ボックスに

千円札から始め、今は一万円札を月に数回入れています。

 

コンビニの店員さんはそんな私を

お金持ちもなのかと思っているかもしれません。

えっ!!という顔で見られます。

 

さらにNPO法人を通して寄付もしています。

 

決して、お金が有り余っているわけでも、

余裕があるわけでもありませんが、

私には仕事があり、働く事ができます。

多少お金に切迫したとしても、

この日本で、命まで無くす事はありません。

必死で働けばいいだけの事です。

 

 

私の周りには、病院もレストランも

水道も、トイレも、布団もあり、

恵まれた環境で、明日を夢見る事だってできます。

 

自分が彼らと同じ、

助けてくれる病院も、

お金を稼ぐ為の仕事も

自分の子供を救ってくれる薬も

明日を夢見る事もできない

境遇に産まれたとしたら・・・・・・

 

 

この月々の数万円は微々たるお金かもしれませんが、

彼らにとって必要不可欠なものだとしたら、

私は、すばらしい使命を受けたのだと思います。

 

さらに、仕事を通して、

『人に必要とされる人間』

なりたいと、心底思えた夜でした。

 


コメント(0)

恐れずに突き進んで下さい。

 

こんばんは、松野です。

 

ちょっと余談になりますが、

先日、離婚を決断し、家を売却し

人生の再出発をされたお客様から

メールを頂きました。

 

内容を簡単にいいますと、

『お礼のお手紙風メール』です。

 

改まってお礼を言われると

恐縮してしまう私ですが、

この時ばかりは、感激してしまいました。

 

 

1年前、会社を設立したばかりの頃のお客様ですが、

最初は離婚して、家を売って清算し、

新たに出発することに非常に不安を感じていて、

どうしてよいか、わからずに、悩んだ末

私にメール相談を頂いたのです。

 

 

私の仕事は家を売る事ですので、

離婚相談や人生相談が出来る器量も経験も裁量もなく、

ただお話を聞いてあげる程度の事しか出来なかったのですが、

『不安』を感じているという事でしたので、

その『不安』とやらが何なのか、

まず探って見ることにしたのでした。

 

何日かメールのやり取りをしました。

 

離婚の原因はご主人の浮気だったのですが、

離婚するか、そのままとどまるか、

別居するか、そのまま同居するか

非常に迷っていました。

 

決して、売却を煽ったつもりもなかったし、

一年前私が言った事など、

本人の私ですら覚えてもいなかったのですが、

当時、私が言った一言で、全てがすっきりし、

家も希望額で売却する事もでき、

今は、また新しい環境で仕事が出来て感謝してます・・・・・

 

という内容(自慢話!?)でした。

 

 

 

私は、『決断』という言葉好きです。

常に私自身も『決断』をして生きています。

 

とりたてて『決断』といってしまうと、大げさですが

人は良いも悪いも全て、『決断』をして生きています。

 

『決断』とは

その字の通り、

『断つ事を、決める』

と書きます。

 

本当にそうなのか、わかりませんが

私はそう解釈しています。

 

さらに私の解釈こうです。

 

『過去を断って、未来を決める』

『過去を断たなければ、未来は決められない』

 

です。

 

私は宗教家でも哲学者でもないので、

本当の意味での解釈とは違うかもしれませんが、

私は、このように解釈しています。

 

当時、何とアドバイスして良いか迷った私が、

とっさに言った一言が『決断』の話でした。

 

ああそんな一言が、人の人生を左右するんだ・・・・

 

と、私自身感慨深く、読ませて頂きました。

 

 

「あなたの人生に善き事が

なだれのようにおきますように!」

 

後日になって、当時送信した私のメールを発見し、

さらに臭い言葉が羅列されていて、

ちょっと照れくさくなりました。

 

しかし、人生は勝負です。

 

『恐れずに突き進んで下さい』

 

『過去を断つ事を恐れるな!突き進む者こそ扉は開かれる!』

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【掲載依頼】

 

私は、今までも、書きたい事を書きたいように、

書かせて頂いておりまして、賛否も頂いております。

 

こんな私が、人様のサイトの内容について、

あれこれと言える立場でもないですし、

ましてや店頭公開されている企業様に対して、

私の意見・感想など書いてよいものだろうかと

思ってお断りしていたのですが、

内容について、批判的な内容でも、何でも結構ですとの事でしたので、

それならばと快く引き受けさせて頂きました。

 

概略は・・・・・

今回、不動産の不動産の総合サイトを運営されている

株式会社ネクストさんが、9月4日にリニューアルされた

不動産の投資専門のサイト「投資HOMES」についての感想を・・・

ということでしたので、ざっくり書かせていただきます。

 

「投資HOME’S」

 

 

私にとって、投資用不動産いえば、

まず最初に思い浮かべるのは、

アパートです。

 

7・8年前でしょうか、私は新宿のとある雑居ビルで、

賃貸の客付けの営業をしていて、

契約した契約書をオーナーの元に届ける事が日常的にありました。

 

私の最初の先入観では、アパートのオーナーとは

「定年退職をした年配の人」

「お金に余裕のある人」

というイメージがありました。

 

しかし、私がお会いしたオーナーの大方が、

普通のサラリーマン、一般企業の管理職、

会社経営者などなど・・・・・

私が思っていたオーナー像とはかけ離れていました。

 

当時、どうしてこんな若い方が高額なアパートを所有しているのか

よく分からずにいました。

 

しかし、8年後の現在、私はそのオーナーになっていました。

 

不思議ですね。

環境が変われば何とか・・・と言いますが、

その気になって、気になる事を突き詰めると、

思っている人になるんですね。

 

そんな事を思い、リニューアル後のサイトを拝見しています。

 

しかしながら、この類のサイトには、

リスクの類がカテゴリーが無い事が

非常に気になります。

 

不動産投資とは、常に裏を返せば全てがリスクです。

昨今、新築ワンルームマンションの投資が

まだまだ活発に行われていますが、

新築ワンルームマンションの投資は、

私に言わせれば投資ではありません。

 

購入と同時マイナスが確定する負動産そのものです。

 

頭金なしで、利回り6%・・・

などという、その利回り6%のマンションをサラリーマンが購入し、

老後の為になどと、大義していますが、

あれは、ワンルーム業者が作り上げた嘘のロジックです。

 

本当に区分所有が儲かるんだったら、

不動産会社は、広告なんかやる必要があるんでしょうか?

 

私のお客様の中にも、ワンルームマンションの投資に失敗し、

オーバーローン状態で、抵当権が外せず、売ろうにも売れなく、

損が出続けるとわかっていても、抵当権抹消の資金もなく、

なくなく保有し続けています。

 

これが、投資?!と言わざるを得ない状況です。

 

今回の本旨とは関係ないので、ここまでにしておきますが・・・・

 

 

また、投資用というとインカムゲインのイメージがありますが、

本来投資とは、キャピタルゲインとインカムゲインの複合体であり、

市場の動向にあわせた対処方法の選択肢がある事が同時に、

必要視されてきます。

 

今回のサイトを拝見する限りにおきまして、

プロが教える・・・・・とありますが、書かれている内容が、

机上の勉強しかされていない方が書かれているように感じます。

 

本来投資のプロとは、『失敗の上に失敗を重ねて、富を得ている人』

だと思いますが、

その点において、内容に失敗談の記事が少なすぎると思われます。

投資においては、成功例よりも失敗例の方が、現実味が増しますし、

全ては身銭をきってこそ、全てが生かされ、成功への導きです。

生意気ですが・・・・・

 

また、レバレッジ効果を最大限効かせて、

年収500万円のサラリーマンが1棟ものの不動産を購入し、

資産を数億円にさせた例なども、面白い内容になると思います。

 

さらに、突っ込んでいうと、

レバレッジを最大限効かせるために、

さまざまな対策をたてますが、

特に、借入をおこす際、金融機関がどういった計算を元に

貸し付けるかなど、あると興味引かれると思います。

 

例えば、収益還元法において、直接還元法とDCF法の違いなど・・・・

 

また、投資とは表面の利回りだけではなく、

不良少年を更正させる工程のように、

利回りの悪い、管理の悪い、物件を如何にして、

優良物件に更正させるかといった部分も重要です。

 

そのあたりのコメントなども、更新されると

『育てる不動産投資』といった側面も出てきて、

あるものをそのまま受けるのでははなく、

一生懸命育てていこうという、前向きな発想から、

不動産の投資という新たなチャレンジをされる投資家も、

増えてくるのではないでしょうか?

 

随分生意気な事も書かせて頂きましたが、

一投資家としての、私の考えです。

 

投資とは、その人それぞれの子育てみたいなものですので、

それぞれが、自分にあった投資をされる事を望んでいます。

そして、その不動産の投資サイト「HOMES」を利用されることによって

たくさんの富を得、たくさんの税金を払って、さらに活性化される事を

切望します。

 


コメント(0)

サイト内検索

成約事例ご紹介  新着情報

お問い合わせ・無料相談

離婚による不動産売却事例

ウェルワークス

離婚による不動産の成約事例離婚による不動産に関するニュース&ブログ離婚による不動産の売却について 離婚による不動産のご相談
【その他の不動産売却 倒産による自宅(法人)売却相続による家・土地の売却買い替えによる自宅売却税金の種類と基礎知識
PCサイト|スマートホンサイト
Copyright (C) 2011 WELWORKS All Rights Reserved.