HOMEニュース/ブログ

離婚の住宅ローンの連帯保証人をはずす方法の補足

 

 

こんにちは松野です。

 

先ほどの 「住宅ローンの連帯保証人をはずす方法」の補足です。

 

この「住宅ローンの連帯保証人はずず方法」の作業は、

借入の主債務者(本人)が行う作業です。

 

または連帯保証人が行う事も可能ですが、

基本的には主債務者がメインで行う必要があります。

 

説明不足ですみませんでした。

 

関連記事

離婚の際の不動産売却 住宅ローンと名義変更についてパターン解説

住宅ローンが残っていても不動産の名義変更はできますか?

離婚不動産の住宅ローンと連帯保証人について

住宅ローンが残ったままでも不動産の名義変更は可能です。

離婚による住宅ローン 名義変更 連帯保証人 夫婦間売買によって解消

離婚の住宅ローン 妻の連帯保証人を外す方法(解除したい)

離婚の住宅ローン 妻の連帯保証人を外す方法(解除したい)補足

離婚の住宅ローンの連帯保証人をはずす方法

離婚の住宅ローンの連帯保証人をはずす方法の補足

離婚して住宅ローンが残っている不動産に住み続ける

離婚することになり、住宅ローンの残債がある不動産の売却を考えています

 

 

離婚 住宅ローン 名義変更離婚 住宅ローン 名義変更


サイト内検索

お問い合わせ・無料相談

離婚による不動産売却事例

ウェルワークス

離婚による不動産の成約事例離婚による不動産に関するニュース&ブログ離婚による不動産の売却について 離婚による不動産のご相談
【その他の不動産売却 倒産による自宅(法人)売却相続による家・土地の売却買い替えによる自宅売却税金の種類と基礎知識
PCサイト|スマートホンサイト
Copyright (C) 2011 WELWORKS All Rights Reserved.