HOMEニュース/ブログ » ヒトリゴトのブログ記事

史上最高のソングライター

 

こんにちは松野です。

 

昨日ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞しましたね

 

僕のラインには昔からの友人がそのことを

わざわざ報告してくれて

まさか・・と思った次第です

 

恐らく当の本人も

そんなには喜んではいないだろうと思いますし

もしかしたら恐縮しているかもしれませんね

 

また彼は素直に喜ぶ人でもないし

仮に喜んでいたとしても顔に出す人でもないし

嬉しいでもなく

悲しいでもなく

苦虫を噛み潰して

ただ歌う・・・

 

彼が現役で歌い続ける理由は

そこにあるのかもしれませんね

 

 

10代の頃

ジェットストリームから聞こえてきたディランの音楽に心を揺さぶられ上京し

20代で

横浜アリーナのステージで歌っている実物をみて感動し

30代で

ディランを捨て

40代で

また拾い、聞き返し

先日、ホーナーのブルースハープを新調したばかりでした

 

僕の事を知り尽くした相棒のJ45も

もう25才になり

ラッカーがクラックし剥がれ

くたびれてますが

これからが本番です

 

また横浜アリーナ行きます

それまで元気に歌い続けて欲しいですね

 

 

♫ 今の敗者は 次の勝者だ

とにかく時代は変わりつつあるんだから

♫ 新しいものを邪魔しないでほしい 助けることができなくてもいい

とにかく時代は変わりつつあるんだから

♪ 今の第1位は あとでビリっけつになる

とにかく時代は変わりつつあるんだから

 

♦♫♦・*:..。♦♫♦* 「the times they are a‐changin’」 ♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

 


コメント(0)

離婚と不動産売却の「ホンネ」

 
 
離婚と不動産売却の「ホンネ」

というタイトル・・・・


離婚と不動産売却の「ホンネ」amazonで購入はこちら

執筆当初、僕がなんとなく決めていたタイトルは

『離婚して家を売る』というドラマ風のタイトルでした。

 

それが・・

『離婚と不動産の歩き方』

『離婚と不動産の歩み方』

『離婚と不動産売却の裏側』

と、変わりまして

最終的に

『離婚と不動産売却の「ホンネ」』になりました。

というより、後輩の友人に決めてもらいました。。

 

原稿をすべて読んでもらって

ある意味では大人の事情が垣間見えるタイトルに仕上がった・・

と、いう訳です。

 

 

本書の中にも書いてますが

僕がこの不動産という仕事に出会った27才の頃からの付き合いで、

当時は部下であり、現在は僕の師でもあり、

苦楽を共にしたその友人が決めてくれました。

 

僕自身は「裏側」を書いているつもりでいたのですが、

実はそれは「裏側」ではなく、

『表』である「ホンネ」の部分をフォーカスしていたに過ぎなかった・・

 

そんなところでしょうか。。

 

 

という訳で、自分で言うのもおこがましいですが、

タイトルに負けない内容になっていると思います。

 

アマゾンでは「なか見!検索」という機能もついているので、

ちょっとめくって見てください。。

目次だけでも面白いと思います。。


離婚と不動産売却の「ホンネ」amazonで購入はこちら

 


コメント(0)

東京ドームにて

 

img_2060

こんにちは松野です。

僕は楽天イーグルスのファンです。

 

それも創設時からの大ファンです。

ご存知のとおり

当時、近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブが合併する際

1軍クラスの選手がオリックスに集められ

そこに入れなかった選手が楽天に・・

というふうに振り分けられてできたのが楽天イーグルスです。

当然2軍クラスの寄せ集めで出来た球団なので

他のチームと比べると

それはそれは弱小チームでした。

 

応援する気にもならないほどの負けっぷりで

初年度は38勝97敗と惨憺たるものでした。

 

それでも東北地方に縁もゆかりもない僕が

なぜ応援し続けるのか・・・

 

これを書き始めると

日が暮れてしまうので

またの機会にしますが・・・

 

そんな密かな楽天イーグルスの大ファンであることが

ひょんな事から球団関係の上層部の方の耳に伝わって

東京ドームの楽天戦にご招待頂き

その際、大好きな則本選手、ウィーラー選手、茂木選手の

サインボールまで頂いたという訳です。

 

一緒に写真を撮れるようにしておいてくれたそうですが

試合ぎりぎりに着いてしまった為

残念ですが

今回は一緒に写真に収まる事は出来ませんでした。。

 

次回こそは・・・

 

この日の試合は楽天イーグルスの大勝で

本当にいい試合でした。。

 

勝ち負けに関わらず

これからも応援しますね。。

 

ありがとうございました。。

img_2059

 


コメント(0)

やっぱり花火っていいですね。。

 

住宅ローン 名義変更

住宅ローン 名義変更

 

こんにちは松野です。

 

最近ブログからのスパムメールが多くて

ダッシュボードを見ると

そのスパムメールが毎回100件を超えていて・・

 

削除するのも面倒だし・・・

ダッシュボードを開くこともなく数ヶ月が過ぎ、

ブログも更新しないまま数ヶ月が過ぎてしまいました。。

 

 

さて、先日近所の花火大会があって

この花火大会の日は

自宅までの道のりが夕方5時ぐらいから11時ぐらいまで通行止めになるので

その前に帰宅しました。

 

エアコンのきいた室内で花火を見ながら

ちょっとした作業を・・

 

やっぱり花火はいいですね。

しかも室内からの花火は最高です。。

 

花火の振動で家も揺れ

びっくりしたのか犬も吠えまくり・・でしたが

しばらくすると

ご覧のとおりぐったりお疲れモードでした。。

住宅ローン 名義変更

 

 


コメント(0)

離婚不動産の住宅ローンと連帯保証人について

 

 

◎離婚の不動産売却の際の住宅ローンと連帯保証人について

 

離婚の際の不動産売却のポイントとなるのが住宅ローンであることは言うまでもありませんが

昨今ネットにはいろんな情報が氾濫していて、何が本当に正しい情報なの?

と、思う瞬間があるかと思います。

そういう時、何を基準に判断すればよいのか?

 

私自身は「何を言っているのか?ではなく、誰が言っているのか?」

着目することにしています。

こう言うと、あたかも自分の言っていることが正しいですよ!!

と、押し付けがましいので

何が正しいのか?ではなく、何が自分にあっているのか?」によって

判断するようにしています。

と、補足しておきます。

 

さて、『住宅ローンを制するものは離婚を制する』と言っても決して過言では無いと

再三書かせて頂きましたが、

改めてその内容を書いてみたいと思います。

 

但し、住宅ローンと一口言っても、その背景には連帯保証人などの

切っても切り離せない重要なポイントがあることを踏まえる必要がありますので、

まずは購入時に遡って説明してみたいと思います。

 

結婚を期に、または結婚した後に不動産を購入する方が多いのではないかと思いますが、

夫婦が円満な状態で、不動産を購入する際、

夫が住宅ローン債務者になり、妻がそれをサポートする形で共有の所有者になったり

連帯保証人になったりと、夫婦が協力しあって不動産を購入しますよね。

 

しかし、その不動産が離婚という事由が伴うと

どのように処理していいのかわからない・・

むしろ、その連帯保証人であるが故に処理の障害になってしまうことがあります。

 

その不動産を売却することにせよ、財産分与で名義変更するにせよ

まずは住宅ローンの問題を解決しなければ先には進めません。

 

逆に言うと、離婚が進まない最大の原因が住宅ローンと連帯保証人の問題にある

と、言い換えることができる程、非常に多くの方がここで悩んでいますし、

足止めをされている訳です。

 

妻としては、今にでも離婚して家を出て行きたくても、

連帯保証人を外さないまま出て行くわけにはいきませんし、

家を出てしまって離婚したとしても、

連帯保証人の責務を逃れるわけではありません。

 

住宅ローンとは、債務者や連帯保証人がどのような状況にあっても全額返済をしない限り

その責務から逃れることができない性質で、

住宅ローンを実行した金融機関にしてみれば、

債務者と連帯保証人が、別居状態であろうと、離婚調停中であろうと、裁判中であろうと

債務者と連帯保証人に変わりはありませんので、

仮に債務者が住宅ローンを滞納し、連絡が取れない場合には、

容赦なく連帯保証人に請求してきます。

 

そして、その連帯保証人を外すことは、容易ではないというよりも

まず、簡単に外すことができないものであることに留意しておく必要があります。

 

もし仮に連帯保証人を外すことができれば、どんなに幸せなことだろう・・

 

◎そもそも連帯保証人の性質?

離婚を進める為には、妻が住宅ローンの連帯保証人を外すことができるかどうかが

ポイントになるという説明致しましたが、そもそも連帯保証人とはどのような

定義があって性質のものなのでしょうか?

 

民法の条文では

①連帯保証人には「催告の抗弁権」がない

②連帯保証人には「検索の抗弁権」がない

③連帯保証人には「分別の利益」がない

という3つの特徴があります。

 

①の連帯保証人には「催告の抗弁権」がないとは??

これは債権者である金融機関は、主たる債務者である夫でも連帯保証人の妻でも

どちらでも好きな方に請求することができるというもので、

仮に主たる債務者である夫が住宅ローンを滞納した場合など、

通常ならば、主たる債務者である夫の後に請求されるのが一般的ですが

連帯保証人は、「先に主たる債務者の夫に請求してくれ・・」と

要求する権利がありません。

 

これが催告の抗弁権がない状態です。

 

②の連帯保証人には「検索の抗弁権」がないとは??

これは主たる債務者である夫が返済出来るだけの収入があるにも関わらず

住宅ローンを滞納した場合、

債権者である金融機関が連帯保証人の妻へ先に請求したとしても

連帯保証人の妻は「主たる債務者の夫には返済する収入があるから、先に夫に請求してくれ・・」と

要求する権利がなく、債権者の請求に反論できません。

これは離婚した後も同様で、離婚した夫がどんなに高収入を得ていたとしても

連帯保証人の妻の責務が変わることはありません。

 

これが検索の抗弁権がない状態です。

 

③の連帯保証人には「分別の利益」がないとは??

これは連帯保証人が複数人にいる場合でも、

連帯保証人のそれぞれが主たる債務者の債務額全体を保証しなければならないというものです。

例えば、主たる債務者が3000万円を借りて、保証人が3人いた場合

・分別の利益「あり」・・・保証人の1人当たり1000万円まで保証する

・分別の利益「なし」・・・3人の保証人はそれぞれ3000万円まで保証する

 

これが分別の利益がない状態です。

 

連帯保証人がどれほど重い責任を負わされているのか・・・

つまり、連帯保証人は借りた本人である主たる債務者と同列になるということですね。

 

◎離婚に伴い妻の連帯保証人を外すには

連帯保証人の妻の責務は、離婚したとしても、離婚前と何ら変わらず、

主たる債務者の夫と同列であることは前記した通りで、

また離婚とはあくまでも夫婦間の問題であって、

金融機関との契約に何らかの影響を及ぼせるものでもありませんし、

離婚したからといって、簡単に連帯保証人を外してもらえるようなことはありませんので、

まずはじっくりと対策を練る必要があります。

 

また銀行も無条件に連帯保証人を外してくれるようなことはありませんので、

何らかの代替策を提案しなければなりません。

 

例えば、兄弟または姉妹、夫の両親などで、一定の収入を得ている人に、

妻の代わりに連帯保証人になってもらう方法や

兄弟または姉妹、夫の両親などが所有する不動産を担保として銀行に提供し、

その代わりに妻の連帯保証人になってもらう方法など、

方法論をしてはあります。

ただし、限りなく可能性は低いことに留意しておく必要があります。

 

下記も参考にしてみてください。
住宅ローンが残ったままでも不動産の名義変更は可能です。

離婚による住宅ローン 名義変更 連帯保証人 夫婦間売買によって解消

離婚の住宅ローン 妻の連帯保証人を外す方法(解除したい)

離婚の住宅ローン 妻の連帯保証人を外す方法(解除したい)補足

離婚の住宅ローンの連帯保証人をはずす方法

離婚の住宅ローンの連帯保証人をはずす方法の補足

 

◎住宅ローンの連帯保証人になっている場合には

 離婚前に必ず対策を!!

 

離婚の際に住宅ローンと連帯保証人をどう処理するかが大きなポイントになりますので

連帯保証人を安易に捉えることなく、まずは離婚の前に無料相談をご利用ください。

残債を残さず売却できるものなら売却する方がよいかもしれませんし、

または要件が整えば、名義変更をすることもよいかもしれません。

また、妻に一定の収入がある場合には夫婦間売買での処理がベターかもしれません。

 

その状態によって何が優先なのか

まずは全体を考慮した上し、さまざまな方法を理解し、

自分たちにあった道を進みましょう。

 

関連記事

住宅ローンが残っていても不動産の名義変更はできますか?

離婚して住宅ローンが残っている不動産に住み続ける

離婚の際の不動産売却 住宅ローンと名義変更についてパターン解説

離婚することになり、住宅ローンの残債がある不動産の売却を考えています

住宅ローンが残ったままでも不動産の名義変更は可能です。

離婚による住宅ローン 名義変更 連帯保証人 夫婦間売買によって解消

離婚の住宅ローン 妻の連帯保証人を外す方法(解除したい)

離婚の住宅ローン 妻の連帯保証人を外す方法(解除したい)補足

離婚の住宅ローンの連帯保証人をはずす方法

離婚の住宅ローンの連帯保証人をはずす方法の補足

 


コメント(5)

サイト内検索

お問い合わせ・無料相談

離婚による不動産売却事例

ウェルワークス

離婚による不動産の成約事例離婚による不動産に関するニュース&ブログ離婚による不動産の売却について 離婚による不動産のご相談
【その他の不動産売却 倒産による自宅(法人)売却相続による家・土地の売却買い替えによる自宅売却税金の種類と基礎知識
PCサイト|スマートホンサイト
Copyright (C) 2011 WELWORKS All Rights Reserved.